二人の男性

食品からコレステロールを下げる|病気予防の簡単ステップ

生活習慣病を予防する成分

食器とサプリ

EPAは青魚の油に含まれる脂質で、人間の体内で作り出せないことから必須脂肪酸と呼ばれています。中性脂肪やコレステロールの値を下げたり、アレルギー症状を改善したりといった効果が期待できます。最近はサプリメントで手軽に補給することが可能です。

View Detail

年齢とともに訪れる変化に

笑顔の女性

更年期は女性ホルモンの減少によっておこる症状です。これによる体調不良を改善するには、女性ホルモンに似た働きをするサプリを摂るのが効果的です。更年期サプリなら携帯も簡単でどこでも摂取することが可能です。また値段も手頃で続けやすいので、更年期に悩む方には最適といえます。

View Detail

生活習慣病の血圧の病気

笑顔の男性

高血圧になると口にする物に気をつかなわなければなりません。ガイドラインでは野菜の摂取が推奨されていますが、その量について指示はありません。不足しそうならサプリを用いるのが良い方法です。もし抵抗感があるならサプリのようにして摂取できる野菜ジュースや青汁、お菓子などの野菜源を知っておくと役立ちます。

View Detail

食品と運動が大切

カプセル

食品と運動が大切

コレステロールを下げる方法を知っておくことで、健康を維持することが出来るようになります。そもそもコレステロールには2種類あり、HDLと呼ばれる善玉と、LDLと呼ばれる悪玉に分けられます。コレステロールはメタボリックシンドロームや生活習慣病のイメージがつきまといますが、実は善玉コレステロールは、増えることで健康促進効果が期待できるのです。善玉には悪玉コレステロールを抑制する効果や、血液をサラサラにして、動脈硬化などを予防する効果などがあります。HDLを増やすためには、運動と食事が大切になります。運動で増やす場合には、有酸素運動がおススメです。散歩やジョギングを行う際には、リズミカルに、気持ち良いペースで行うようにしましょう。そうするとリラックス効果も得られるので、相乗効果で生活習慣病予防となります。

アーモンドチョコを食べる

食事でHDLを増やすためには、アーモンドチョコレートがおススメです。アーモンドに含まれるビタミンEには、過酸化脂質を分解する働きがあります。悪玉コレステロールであるLDLは、血液中の脂質を酸化させ、それが動脈硬化の原因となりますが、アーモンドにはLDLの値を下げる効果があるのです。アーモンドは1日に10グラムを目安に摂取するようにしましょう。またチョコレートにもLDLの値を下げる効果があります。チョコレートに含まれるポリフェノールがHDLを増やすと言われているためです。チョコレートを選ぶ際には、ポリフェノールを高濃度配合したものを選ぶようにしましょう。生活習慣病予防のために、食品と運動を上手に利用して、悪玉コレステロール値を下げるよう心がけましょう。