運動

食品からコレステロールを下げる|病気予防の簡単ステップ

生活習慣病を予防する成分

食器とサプリ

体内では作れない脂肪酸

人間の健康維持に欠かせないものでありながら人間の身体の中では作り出すことができず、食物から摂取するしかない脂質を必須脂肪酸といいます。この必須脂肪酸にはいくつかの種類がありますが、中でもよく知られているものの1つがEPAです。EPAは正式名称をエイコサペンタエン酸といい、イワシやサバ、アジなどのいわゆる青魚に多く含まれています。煮たり焼いたりするよりも生食した方が良いとされており、また酸化しやすい性質があるため、ベータカロテンやビタミンEなどの抗酸化作用を持つ成分を含む食品と一緒に摂ると効果的だと言われています。最近ではEPAを主成分とした各種サプリメントも容易に入手できるようになっています。

血中の脂質を減らす働き

EPAには血液中にある中性脂肪や悪玉コレステロールを減少する作用が認められています。実際、高脂血症や動脈硬化の治療薬としても正式に用いられています。その効果はサプリメントでもある程度期待することができます。いわゆるドロドロ血液を解消し、生活習慣病を予防するのに役立ちます。また、最近の研究ではEPAに抗炎症作用や免疫力を高める作用があるとの報告がなされています。そのため感染症の予防やアレルギー症状の改善への効果も期待されるところです。さらにEPAは認知症を改善させるという報告もあります。まだ研究途上であるためその効果については注意が必要ですが、今後の研究が待たれるところです。EPAのサプリメントは健康ショップや通販サイトでなどで入手が可能です。同じく必須脂肪酸であるDHAと一緒に配合されているサプリメント製品も多く、相乗効果が期待できます。